日本データテクノロジーの仕事|データ復旧もちょちょいのちょい

男性

専門家の役割り

ハードディスクの故障原因について

男性

ハードディスクとは、パソコン内部や外付けとして、データを長期的に保存しておくためのパーツです。 パソコンのパーツの中でも最も一番働く部分で、故障するのも一番多いと言われています。 ハードディスクは、精密機械なため故障になると素人では修理が難しく、日頃状態をチェックしておく必要があります。 起動を含め動作が異常に遅い、小さなファイルでも読み書きに時間がかかる、データの読み書き時に異様な音が発生するなど、故障の予兆とも言える状態が発生したときは、注意が必要です。 まずは、故障になっても慌てないように、日々データをバックアップしておくことが大切です。 こうすることで、バックアップデータからデータ復旧することが出来ます。

データ復旧専門業者に依頼する

故障原因が特定できず、どうすることも出来ない、1分1秒でも早くデータを取り出したいときは、データ復旧専門に扱っている業者に依頼することをお勧めします。 データ復旧サービスとは、ハードディスク内部の故障しているパーツを修理しデータを抜き取り、別の媒体(外付けハードディスクなど)に保存し、納品してもらうサービスです。 最近は、データ復旧専門業者も急増しています。 復旧期間、料金、サービス内容、データ復旧実績、情報セキュリティ面(ISO27001・Pマーク取得)などから納得できる業者を選ばれることが望ましいです。 特に復旧できるまでの期間、見積り後追加料金の発生有無については、事前に確認しておくことをお勧めします。